戸塚の歯医者 - 佐々木歯科医院

戸塚 歯医者 佐々木歯科医院
お問い合わせはこちらから
TEL:045-881-0436
診療時間
9:00~13:00 × ×
15:00~19:30 × ×

△…10時から診療開始 休診日/日曜・祝日

TOP画像

R2GATE

口腔内3Dデータ+CTデータリンク型コンピューターガイドシステムR2GATE

コンピューターガイドを用いたガイデッドサージュリーは、インプラントの正確なポジションを得るうえで無視できない存在となってきました。今回導入したR2GATEは口腔内の印象模型を基にした3DデータとCTデータとをシステマチックに融合させ、正確な歯冠形態や粘膜の厚みなども把握できるデータを作成したうえで、より正確なコンピューターガイドを製作するシステムです。

歯科医院で行うことは、上下顎の印象採得を行い上下顎模型を作製すること、R2-Trayと呼ばれるCT撮影用の専用トレーを使用してCTを撮影することです。

これらのCTデータと上下顎模型、R2-Trayを株式会社ジョニーズコーポレーションのR2-Centerに送付することでプランニング用の合成データが作成され、事前データ処理として最終補綴形態の再現とそれに基づいた大まかな埋入ポジションが提示されたデータが医院に送付されてきます。これらの画面を医院とR2-Centerで共有し、必要に応じて電話で話しながらネット上で操作を行い、最終的なプランニングを決定します。その後、約5日でコンピューターガイド「R2-Stent」と要望に応じて最終補綴物を模したPVRが届けられるという流れです。

臨床での使用に際しての注意点はすべてのガイドに共通することですがドリリング時のぶれと開口量と操作スペース(Working length)の確認です。

R2-Stentはドリリング時のアクセスホールへのアプローチ方法が従来のシステムから大きく改良されておりステント自体には金属製のスリーブは付与されておらず、直径5mmの縦長円筒型のアクセスホールのみが設定されています。すべての径の専用ドリルには、このアクセスホールに適合する円筒部が付与されており、これらをフィットさせることでドリリング方向や深度をコントロールするので、硬い骨と軟らかい骨が混在していても、ドリリングに誤差が生じることはほとんどなく、さらにインプラント埋入操作までガイド操作できるので、インプラント挿入時における位置移動という問題も解消しています。

ガイデッドサージュリーは、開口量の少ない日本人の場合は大臼歯に使えないなどの欠点も指摘されていますが、開口量があまり問題にならない審美領域であれば有用なシステムです。

特にピンポイントのポジションが求められる前歯部などにテーパーアナトミック形状のインプラントを使用する場合や、ドリリング時に硬い皮質骨が存在する場合などにも有効であると思われます。

 

 

 

カテゴリー:Dr.ブログ  投稿日:2017年11月27日

ページトップへ